第2章 『没頭』 第36話

テル「おっ!おっ!!!」

大樹「そうそう、それでええねん」



ついに走り始めたのだが、すぐに異変に気が付いた。


テル「あれ?どうやってギヤチェンジするんや???」


取りあえずアクセルを戻して止まろうとするが、エンジンがガタガタと大きな振動を立てて車体が揺れる。
それと同期して手元も揺れてしまい、自然とアクセルを開閉してしまう…。


ウインウインウイン!!!


ヤス「はっはっは!お前は何を遊んでんねん ヾ(@>▽<@)ノガハハ」

テル「違うねん!どうやってギヤチェンジするか分からん!!!」



と言っている間にバイクはどんどん進んでいくので、ヤスや大樹との距離がどんどん離れて会話ができなくなる。

止まろうとしてもバイクがガタガタするし、かといってこのままアクセルを開けてもエンジンばかりうなって全然速度が出ない。

興奮した気持ちを少し落ち着かせて、少し冷静に考えてみた。


「クラッチを握ってる時は全然前に進まなかったという事は、今握れば…」


何となくいけそうな気がして、思い切ってクラッチを握ってみた。
するとエンジンはアイドリング状態まで回転が落ち、ギクシャクする事なくバイクが失速していったのだ。


テル「止まれた!!!」


振り返ってみると、ヤスと大樹がこっちを見ずに二人でしゃべっている。
完全に放置プレイではないか(怒)

先ほどの感覚を思い出しながら、Uターンをするために再度半クラで発進!


テル「おっ♪なんか普通に発進できるやんか〜」


相変わらず1速だけだが、何とかヤスと大樹がいる場所までたどり着いた。


ヤス「誰が1速だけで走ってんねん。スクーターとちゃうぞ(笑)」

テル「しゃあないやんか、どうやってギヤ上げるんか聞いてへんもん」

ヤス「あれ?言ってなかったっけ (≧▽≦;)」

大樹「そら分からんやろ」

テル「止まり方も分からんかったっちゅうねん」

ヤス「変速はアクセル戻してクラッチ握ってギヤ上げてクラッチ離す!」

テル「何て何て???一気に言っても混乱するやんけ」

大樹「ほな一回エンジン止めた状態で練習しよか」



さすが大樹は物分りがいい。

コメント
自分も最近単車の練習してるんで気持ちが分かります(^o^;)
  • KY
  • 2008/09/26 12:36 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM