第2章 『没頭』 第32話

「おいお前ら!こんな所で何しとんじゃ」


( ̄△ ̄;)エッ・・?


さっきのベンツに乗ってた人!?と一瞬頭が白くなったが、振り返ってその心配は無くなった。近所の交番の警官だ。


近くには明らかに暴走族と想像できる単車と無免許だろうと推測できる少年二人。
職務質問されてもおかしくない状況なのは言うまでもなかった。


ヤス「恋愛相談室や」

警官「こんなところでか?」

テル「しゃ〜ないやん、俺ら金ないもん」



とっさに出てきた言葉だが、なかなか息が合った返しだなぁと自分で思ったりもした。


ヤス「ちゃうねん、お回りさん聞いてや!こいつな、振られて本気で凹んでんねん」

テル「うるさいわ!」

ヤス「ちょっと振られたくらいで凹むなんかだっさいやろ!」

警官「ださいかどうかは分からんけど、わしが聞きたいのはそんな事じゃない」

テル「かわいかったかって?めっちゃかわいいっちゅうねん…」

警官「だから違うって…」

ヤス「人生の先輩として何かアドバイスしたってや〜」

警官「お前ら人の話し聞けよ…。取りあえず恋愛の話しは置いといてやなぁ」

テル「なんで置いとくねん(怒)」

警官「だから、俺が聞きたいのはその単車は誰のやって事」

ヤス「俺らが来たときから置いてあったから知らんで〜。なぁ!」

テル「おお。でもたまにこの単車見かけるよなぁ」

ヤス「よくこの公園に来るけど、たまに見かけるで」

警官「そうか…。取りあえず早く家に帰れよ」

テル「で、恋愛のアドバイスは?」

警官「もっといい女はいくらでもおる!」

ヤス「おお!めっちゃええ事いうやん(笑)」

警官「ええから早く帰れよ」



警官が立ち去ってすぐ、二人で爆笑した。
とっさのコンビネーションが炸裂し、見事に誤魔化せたのがあまりにも
おかしく、また真面目にアドバイスした警官の表情が何度も頭の中で思い
だされておかしくて仕方がなかった。

コメント
全部読みました?
楽しい高校時代ですね?早く続きがみたいです?
  • 2008/09/13 6:42 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM