第2章 『没頭』 第29話

ヴォンヴォンッ!!!

激しい音と共に地下駐車場から出て、街中へと繰り出す。


ヤス「そういえばタオル持ってきてるか?」

テル「あっ…。忘れてしもたわ」

ヤス「まだまだやなぁ。じゃあとりあえずコンビニ行くで」



そうだった。

どう考えても違法改造&ノーヘル二人乗りで暴走行為に限りなく近い事を
するのだからタオルで顔を隠す必要がある。


ヤス「さすがに店の前に停めたら面倒な事になるから裏道に停めるわ」

テル「ちょっと隠す感じか」

ヤス「あんまり一目に付く所に停めるのはさすがによろしくないからな」

テル「色々と大変やなぁ」



ヤスの家から1分ほどの所にあるコンビニの裏道に入り、単車を停める。


ヤス「俺は単車の側におるから、タオル買ってこいや」

テル「おっしゃ、1枚でええやんな?」

ヤス「いや、俺の分も買ってきといて」

テル「なんで?」

ヤス「俺も忘れた。玄関にあるわ」

テル「結局忘れてますやん!」

ヤス「そんな事もあるわい」



コンビニで白いタオルを2枚、店員に不思議な顔をされながらも買った。
普通に考えて、高校生がジャージ姿でタオルを2枚買うなんてあまり無い
はずだ。バイトでコンビニの店員をしている自分でもそう思った。


テル「はいよ」

ヤス「じゃあいつでも顔を隠せるように、首にたらしとけよ」

テル「OK」

ヤス「ほな行きましょか」



ヴォンヴォンッ!!!


人通りが多い三宮の街を横目に、道路を流し始めた。
爆音に加えてノーヘル二人乗りなので、通り過ぎる人々がかなり見てくる。

テル「やっぱめっちゃ見てくるなぁ」

ヤス「単車は目立ってええなぁ♪みんなの期待に答えて吹かしまっせ!」


珍しくヤスが興奮しているのが伝わってくる。


ヴォン!ヴォン! ヴォ〜ヴォヴォヴォ〜ヴォヴォ〜ヴォヴォヴォヴォ…

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM