第2章 『没頭』 第26話

テル「そういえばヤスって単車運転できるん?」

ヤス「クラッチか?それくらい俺だってできるわいや」

テル「おお!なんか男らしい発言出たなぁ」

マサ「俺はできへんよ」

テル「お前は原チャすらまともに運転できへんやんけ(笑)」



マサも色々とヤンチャをしているのだが、原チャの運転だけはどうも
下手である。
一度だけテルの原チャも運転させてみたが、見ていてハラハラするほどの
不安定さを目の当たりにしてから二度と運転させないと心に誓ったのだ。


マサ「いやいや、俺のセンスに合わへんだけやって」

テル「言い訳にしか聞こえへんわ」

ヤス「テルはクラッチまだ運転した事ないんか?」

テル「きっかけが無いからなぁ」

ヤス「じゃあ今度、大樹(ダイキ)のNS1借りて練習するか?」

テル「えっ!?大樹ってあのダイキ?」

ヤス「そうやで。あいつは今でもずっと遊んでるで」



大樹はテルと幼稚園〜小学校と同じで、親同士ももちろん面識がある幼馴染
の関係である。
家も近かったこともあり、小学校の頃はよく一緒に遊んでいた仲だ。
ただし中学から私学へ進学したテルは、小学校を卒業してから一度も会って
いない。


テル「そうかぁ、あの大樹もヤンチャしてるんかぁ」

ヤス「いやいや、あいつはただ原チャに乗ってるだけやで」

テル「いや、あいつが普通に原チャを乗ってるとは思えへんな」

ヤス「まぁ人並みにヤンチャかな」

テル「何やその人並みのヤンチャって(笑)」

マサ「俺くらいって事やろ?」

テル「お前が人並みやったら基準がおかしくなるわ!」

ヤス「じゃあ俺が基準か?」

テル「ヤスが基準やったら世の中壊れるっちゅうねん」



そうこうしているうちにテルの家の近くに着いた。


テル「じゃあこの辺でエンジン切って家に戻るわ」

ヤス「じゃあ明日はHAWK2用意しとくわ♪」

テル「( ̄皿 ̄)うしし♪ めっちゃ楽しみやし!」

マサ「じゃあまたなヤス!」

ヤス「おお。またどっかでな」



そして記念すべき初単車走行の夜がやってくる。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM