第2章 『没頭』 第25話

ヤス「そういえば、今週末に追悼あるらしいからテルも来るか?」

テル「追悼って漫画で聞いた事ある追悼暴走かぁ!?」



追悼暴走とは、何らかの事故や抗争などで亡くなってしまった友を追悼するために命日もしくはそれに近い日に関係者などが広範囲から集まり、暴走をするかなり大きなイベントである。
この日は基本的に他の族との抗争は控え、とにかく大集団で友の事を思い出しながらゆっくりと暴走を続けるのである。

というのは建前かもしれないが…。

テルが追悼暴走という言葉を知っていたのは「特攻の拓(ぶっこみのたく)」という漫画を好んで読んでいたからである。


ヤス「そうそう。マサヤ君の追悼や!」

テル「マサヤ君?」

ヤス「こないだ会ったマサミチおるやろ?」

テル「おお総長!」

ヤス「お前の年下やぞ(笑)あいつの兄貴なんやわ」

テル「マサミチって年下やったん!?しかも兄貴って…」

ヤス「年下やっちゅうねん。しかも今さらって感じやで〜」

テル「いやいや、あの風格は年下って言われても信じられへんし」

ヤス「あいつなんか片足で終わらせたるわ」

テル「そんなんどうでもええねん。でも兄貴って亡くなったって事か?」

ヤス「そうそう、なんかもめ事に巻き込まれて刺されたらしいわ」

テル「なんか住んでる世界が全然違う気がするなぁ」



テルはこの時、全く違う世界だという感じがしていたのだ。
しかし自分の最近の行動は限りなくそれに近づいている事をまだ実感していない。
それもそのはず、スケボーばかりしていた日々から考えれば急激に事が
進んでいるからである。


ヤス「とにかく金曜の夜からマサミチとかと合流するで」

テル「単車はどないするん?」

ヤス「明日にでも須磨の後輩からバブを借りてくるわ」

テル「バブ?」

ヤス「HAWKツーや!」

テル「おお!CB250Tってやつか。確かミツオが乗ってるやつや♪」

ヤス「ミツオって誰や?」

テル「特攻の拓に出てくるミツオ…」

ヤス「なんじゃそれ。まぁとにかく明日は練習がてら走るべ」

テル「おっしゃ!なんかワクワクしてきたなぁ」



今まで漫画でしか見たことが無かった世界が目の前で起きている。
その事がとても新鮮でもあり、もっともっと見てみたいという好奇心がどんどん沸いてきているのをテルは分かっていた。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM