第2章 『没頭』 第6話

ヤス「どないしたん?」

テル「家の鍵がない…」

ヤス「鍵がないってどっかで落としたんか?」

テル「いや、落とす事は無いと思う」

ヤス「じゃあ普通に忘れてきたん?」

テル「たぶん…」

ヤス「ほなどないするん?」

テル「何とかして家に入る!」

ヤス「本間に入れるんか?」

テル「たぶん俺の部屋の窓の鍵が開いてるはずやし」

ヤス「じゃあ大丈夫やな」

テル「どうしようも無くなったら電話するわ(笑)」

ヤス「じゃあ着信拒否しとくわ」

テル「なんでやねん(笑)拒否する意味が分からんわ」

ヤス「あえて路頭に迷わそっかなと…」

テル「おいおい」

ヤス「まぁええわ、とりあえずもう帰るやろ?」

テル「せやなぁ。1時間だけでも寝たいし」

ヤス「そっか。じゃあまたな」

テル「おうまたな。みんなによろしく」



マサミチ「あれ?テルもう帰るん?」

テル「おお。今日学校あるしな」

マサミチ「そっか学生やねんなぁ…。忘れとったわ」

テル「そういう事やな(笑)じゃあまたな」

マサミチ「おうまたな」



みんなと別れた後、部屋の鍵が開いていることを願って急いで家に戻った。

原チャの音が大きいため、あえて家の遠くでエンジンを切り、歩いて近づく。
そっと原チャのスタンドを立て、音を立てないように家の壁をよじ登る。

テル「開いといてくれよ〜」

窓に手をかけ、願いを込めて窓を開ける。


開かない…。


テル「うわ〜。なんで締まってんねん」


部屋を出るときは間違いなく開いていたので、きっと鍵が開いている事に気が付いた誰かが締めたのだろう。


テル「えらいこっちゃ…」


警察との攻防で思った以上に体が疲れている。
とりあえず仮眠でもしなければ。

第7話へ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM