第1章 『出会い』 第8話

夕方に真美ちゃんと病院の前で待ち合わせをしたテルはわくわくしながら病院内へと足を運んだ。

ヤスが入院しているのは4階。

エレベーターが上昇している間、テルの心の中は小学校時代のヤスとの思い出にふけっていた。

テルの心「今はどんな奴になってるんかなぁ」

小学校を卒業以来一度も再会していないので、全く想像が付かなかった。
ただバイクで事故ったという事から、ある程度のヤンチャぶりは想像できた。


「チーン」


4階だ。


真美「エレベーターを右に出て突き当たりの部屋らしいよ」

テル「ああ。あれやな。」



表札を確認すると、「真嶋やすし」の名前が確かにそこにあった。

この先には5年ぶりに再会する友がいる。

この時に運命の歯車は最高潮に回り始めていたのだ。

この再会が良かったのか悪かったのかは今でも判断が難しい。
ただ少なくても、彼がいなければ今の私がいない事は間違いない。


真美「まじま〜!」

ヤス「おお!真美やんけ!?お見舞いに来たん?」

真美「そうそう!事故ったって聞いたからさぁ!」

ヤス「あれ隣の奴は…?」

ヤス「…ってテル君やんかぁ!!! どないしたん? めっちゃ久しぶりやなぁ!」

テル「おおヤス!久しぶりでいきなりお見舞いやぁ!」

ヤス「なんかごっつい再会やなぁ(笑)」

ヤス「原チャで居眠り運転してもて、アゴから着地でこのザマや(爆)」

テル「いやいや全然笑えんって(汗)」

ヤス「そういえばなんで真美とテルが一緒におるん?」

真美「…。」

ヤス「何?もしかしてお前ら付き合ってんの!?」

テル「おお。」

ヤス「そうやったんかぁ。そういう事は早く言えや〜」

テル「まぁそれより、最近どないしてんの?」

ヤス「鳶(とび)やってるで。」

テル「おおお。働いてるんかぁ。一人前やのぉ♪」

ヤス「テルは?」

テル「最近スケボー少年から原チャ小僧に変身したばっかや(笑)」

ヤス「うそやん!何乗ってるん!?」



やはり喰いついてきた。すかさず


テル「ホンダのZXや!」

ヤス「おおお!オレの愛車はヤマハのZRやで!ばりばりいじってるで!」

テル「いじるって?」

ヤス「もしかしてテルはまだノーマルかいな?」

テル「おお(汗)いじるって何したらええかわからんしなぁ。」

ヤス「あかん気分が乗ってきた!ちょっとタバコ吸いに行かへん?」



おいおい病人が何を言ってるんだね…。


テル「おっしゃ。じゃあ行こっか。」


場所は変わって病院の休憩所。そこには数人の先客がいた。
そして休憩所に入ってすぐの事だった。


やくざ風の親父「おい真嶋〜!タバコ買ってきてくれや〜」


テルの心「おいおい…。あきらかに任侠道まっしぐらなお人じゃないの…。」


是非とも関わりたくない方とヤスは知り合いなのね(涙)

ここは自分の存在を消そう。


うん。


そうしよう。

と思った矢先…。


第9話へ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM