第1章 『出会い』 第7話

ちょうどその頃、私は当時の彼女と別れを決意していた。
その理由はこんなわけの分からない事を言われたのだ。
私の友人にヒロという奴がいたのだが、

彼女「ヒロに告白されてさ〜。試しに付き合ってみたけどやっぱテルの方がよかったわ。」

さて問題です。
何か非常にまともな事を言っているようですが、普通におかしな事を言ってる訳です。


試しに?


あれ?


それを二股と言うんじゃないかい?


ヒロの方が良かったら俺は振られてたの?


冷静になればなるほど怒りがこみ上げ…。
気が付いたら私は別れることを決意していました。
彼女の感覚では普通かも知れないけど、それはあまりにも感覚がずれて
いる…。
他にもそんな事が多々あり、いくらなんでも我慢の限界…。
真美ちゃんが彼氏と別れた事を聞いた数日後には別れていました。

何度も二人で遊びに行くようになり、気が付いた時には私と真美ちゃんは
自然に付き合っていたのです。


付き合い始めて2週間後の事だった。


真美「そういえばヤスって奴知ってる???」

テル「ヤス?」

真美「真嶋やすし」

テル「お〜!確か6年で転校したなぁ。」

真美「そうそう。私の小学校に転入してきたんよ。」

テル「うわぁなつかしいなぁ! で、ヤスがどうしたん?」

真美「何か事故ったらしくて、入院してるらしいよ。」

テル「へ〜。相変わらずヤンチャやなぁ。」

真美「その入院先がすぐ近くやからお見舞い行かへん???」

テル「ああそういう事ね。行く行く!久しぶりに会いたいしなぁ♪」

真美「じゃあ明日行こっか!」



もうお察しかもしれないが、この真嶋やすしこそ、私の人生を非常に大きく
動かした人物である。
彼は小学校の時からヤンチャで、先生も手が付けられないほどの悪事を働いていた人間である。
小学生なのに大学生を恐喝するという無茶苦茶な人物である。
そんなヤスではあるが、友人には非常に優しく、楽しい奴だった。
だからこそお見舞いに行きたいと思ったのだ。

そして翌日。

私はこれから自分に降りかかる恐怖に全く気付いていなかった。

第8話へ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM