第1章 『出会い』 第2話

恐怖を断ち切り、思い切ってアクセルをひねった。


テル(心の中)「うわっ!?」


すごい!すごいすごい!

原チャにぐいぐいと体を引っ張られ、どんどん前に進んでいく!

テル「お〜〜〜♪」

これぞまさに快感☆体験したことの無い加速感が自分の体を刺激した。
世の中にこんなにすごい物があるなんて!

原チャに初めて乗る際、思い切ってアクセルを開けすぎてウイリーしてしまい、見事に転倒してしまう事があるが、その時はたまたま上半身を前のめりにしながらアクセルをひねったのでそうはならなかったようだ。


まさに感動の瞬間であった。
原チャをまさるに返した後、少しのあいだ体の震えが止まらなかった。

その後、友人のりゅうとお互いに原チャが欲しくなったのは当然の心境である。

家がお金持ちなりゅうは早速、


りゅう「俺も原チャ買う!これと同じやつ!」


テル「出た〜!本間市民の敵やなお前!でもその前に免許取らなあかんよなぁ?」


まさる「当たり前やん(笑)」


りゅう「うそ〜!そんなんいるん!?。じゃあまさるは免許取ったん?」

あきれるほどのバカっぷりを見せ付けてくれた。(毎度の事)
免許を取ってなかったら堂々と乗ってこないでしょうが!

バカみたいな会話が続き、りゅうと自分はとりあえず免許を取る決心をしたのだ。

しかしここで問題がある。

当然だがまずは学校。
もちろん校則違反。まぁこれは隠せばなんとかなるかな。(教師の方ごめんちゃい)

次が一番の問題…。そう。親である。


免許を取りたいと言った時の親の反応を想像することができなかったので、
話を切り出す事に結構緊張した。


テル「お父さん。原チャの免許ほしいねんけど。」

父「原チャってお前、学校は取ってもいいんかいな?」

テル「そらあかんに決まってるやん」

父「そんなに堂々と言われてもなぁ…。」

テル「りゅうも取るし今みんな乗ってるねんで!バイト代で免許取るからさぁ!」

父「免許は取れてもバイクが無いやんか」

テル「う〜ん。」


もちろん買って欲しいのだ。かと言って、買ってくれと言える値段じゃないのも事実。


テル「バイト代で毎月払うから…」

そう。必殺☆親ローンを間接的に依頼した。


父「本間に払えるんかぁ???」

テル「払うって!」


内心では俺の勝ちだと思った瞬間だった。ここまで来たらなんとかなりそうな雰囲気!
とりあえず一度バイク屋に見に行ってみようという話しでその日は終了した。


1週間後、バイク屋に親と中古のスクーターを見に行った。
デザイン、メーカーを考えると候補は一つしかなかった。
まさるが乗っていた『ホンダ LiveDio−ZX』である。

しかしこれが一番高い…。
かと言って妥協もしたくない。
こういう時に父も気に入ってくれたら話しは進みやすいのだが…。
深く悩んでいる振りをして腕を組みながら状況を見守った。


色々な車種を見比べて(?)15分ほど経過…。


父「ZXが一番良さそうやのぉ。」


待ってましたその一声!


テル「やんな〜♪ 前乗ったんもこれやねん!めっちゃ良かったで☆ミ」

ここぞとばかりに猛プッシュ!でも顔は真剣さをアピール。


テルの心「店のおっちゃんも何かフォローしてくれや〜!」


店長「…。」


テルの心「お〜い?商売する気あるんかぁ〜!?何かフォロー入れてや!」


という目線でおっちゃんを見ていたら、


店長「これが一番売れてますね。」


テルの心「よ〜し上出来!おっちゃんナイスファイト♪ 今月のMVPあげる!」


父「確かにこれが一番売れると思うわ。」


テルの心「いやいやそんな分析はええから買ってくれるの? どっち?」


少しの時間だったが、次の一言までの時間が長く感じられた。

父が発した一言は…

第3話へ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM