第2章 『没頭』 第2話

マサミチ(総長)「ビビんな!しっかりケツ持ちせ〜よ!!!」


「ヴァ〜ンヴァヴァヴ〜アヴァヴァヴ〜アヴァヴァヴァ〜ヴォ〜…」


テル「こんな状況でも吹かすんか(笑)」

ヤス「ある意味それがメインやからな。とりあえず絶対パッツンを前に出すなよ!」

テル「前に出したら?」

ヤス「進路ふさがれてアウトや」

テル「それは困る(汗)」



警察「こらボケ!はよ止まらんかい!」


テル「うわ〜。口悪いなぁ…。」

ヤス「こんなもんやで」



警察「マサミチぃ!お前って分かってんねんぞ!!!」


暴走する時は写真を取られても大丈夫なようにタオルなどで顔を隠す。
しかし、一度でも捕まったことがある者は顔を隠しているので暴走をした証拠は残らないが、当然ばれている。


マサミチ「やっかましいわボケ!」


改めてパトカーを見ると中には4人ほど警察が乗っている。
カメラが常にフラッシュを焚いており、少しでも証拠になる物を残そうと必死だ。
後部座席にいる警察は窓から身を乗り出し、写真を撮ったり警棒を振り回して威嚇をしている。まるで「警察24時!」みたいだ…。


マサミチ「そろそろ撒くぞ!テル遅れんなよ!」


ヴォ〜〜〜ン!!!


一気に単車が加速を始めた。


テル「いきなりかよ!?」

ヤス「テル行くぞ!」

テル「お…おう」



大通りから徐々に小道へと入って行き、小回りが聞きにくいパトカーとの距離を徐々に広げていく。


ヤス「ここは撒き道やで」

テル「撒き道?」

ヤス「要するにパッツンを撒くための道や」

テル「確かに入り組んでるし道も狭いよな」

マサミチ「とりあえず住吉公園入るで」

ヤス「OK」

テル「いつもの所って感じ?」

ヤス「そういう事やな」



「ウ〜ウ〜〜!!!」


テル「!?」

マサミチ「あかん!待ち伏せや!!! 散って撒くぞ!」


第3話へ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM