第3章 『暴走』 第27話

ヤス「まじか…」

テル「あっ…」


まだ全体像は見えないが、数百メートル先から赤色灯がくるくると回りながら、ゆっくりとこちらへ進んできた。


ヤス「下手に動いたらばれるから、あいつらが原チャに気付いて更に俺らに気付いたらダッシュすんぞ」

テル「どこにむかって???」

ヤス「答えなんか無いわw でも後ろ左右に散るぞ」

テル「あえて?」

ヤス「それである意味二分の一の確率や」

テル「しびれるなぁw」


少しずつパトカーが近づいてくる。
あとは運を天に任せる他ない。


ヤス「さっきのやつらと同じやったら終わりや。確実に原チャに気付く」

テル「とりあえずどこに走るか考えとこ…」

ヤス「二分の一ってさっき言ったけど、見つかったらまぁ終わりやw」

テル「いや、逃げ切る」

ヤス「さぁ吉と出るか凶と出るか」


早ければそろそろ原チャを認識できそうな距離まで近づいて来ている。



「たのむっ!」



暗闇に強烈な光を放つ赤色灯が目にこれでもかと言う程飛び込んでくる。



「たのむっ!!!!!」



テル「あっ…」

ヤス「ちっ。減速しやがったな」


原チャの手前でパトカーが減速をはじめてしまった。

最終手段に出るしかない、そう思ったその時だった。


ヤス「っしゃ!」

テル「うおっ!?」


確かに減速はしていたが、停止することなく通り過ぎたのだ。


テル「奇跡やっ(涙)」

ヤス「たぶんさっきの奴らと違うんやろな。でも溝に原チャ捨ててあるのに調べへんとか意味不明やな(笑)」

テル「変な汗いっぱい出たし…」

ヤス「とりあえずこのまま5分くらい待機して、みんなと合流するか」


そう、みんなとはぐれてしまい、さらに逃げ通す事に夢中になって忘れてしまっていたが、今は追悼暴走の最中なのだ。


テル「なんか一気に疲れたわ…」

ヤス「慣れてへんから余計やろ(笑)ええで、こっから俺運転で追いかけるし」

JUGEMテーマ:車/バイク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM