第2章 『没頭』 第52話

JUGEMテーマ:車/バイク


テル「そんなんどうでもええわ。取り合えず単車!」

ヤス「ちょお待って。そういえばあいつのバブを借りてくるか」

テル「おっ♪前にちょっと乗ったHAWK2の事やな!」

ヤス「そうそう。でもあいつ長田やから遠いなぁ…」

テル「そんなん気合いやろ!!!」

ヤス「ほほ〜。言うねぇ」


テルの気持ちとしてはどんな手段を用いてでも単車を手に入れようと思っていたが、
以前にも乗った事があるヤスの後輩の単車を手配する事になった。

後輩としては断りたい気持ちがあっただろうが、こういう世界では先輩の言いつけは
納得していなくても従うような風潮があった。

ヤス「ほな取りに行こか〜」

テル「おっ、さすがやなぁ」

ヤス「当たり前やんけ。無理とか言わさへんし」

テル「何か後輩君に悪い事してもたなぁ…」

ヤス「ええねんええねん、とにかく行くぞ」


早々にカラオケを出た二人は長田まで単車を取りに行く。
外に出た時の肌寒さが瞬時にテルの頭を冷やし、真美ちゃんの事を思い出させようと
容赦なく襲い掛かる。

しかしテルは自分の感情がおかしい事に気が付いた。
思い出しても悲しいと思えなかったのだ。

いや、憎しみの対象として無理に置き換えたのかもしれない。

「こうなったらとことん暴れてやる!」

テルが悪い道に進んでるといった噂を真美ちゃんの耳に届けようとしていたのか、
とにかく良い悪い関係なく自分の存在をアピールする術がそれしか思いつかなかった
だけなのかもしれない。

理由は定かでないが、この日を境にテルは暴走する。


第2章 没頭 完


次号より「新章 暴走」へ突入!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM