第2章 『没頭』 第43話

 ミッション車に乗るという貴重な経験を終え、興奮気味に帰宅した。
この興奮を真美ちゃんに伝えたいと思い、衝動的に電話をしてみる。



…。



出ない。



いつも電話に出るのに少し変だと思ったが、寝ているのだろうと得意のプラス
思考でそのまま家に帰った。


しかし何か気になるので、家に付いてからもう一度電話してみる。



…。



いつもは寝ていても電話に出るのだが、熟睡しているのだろうか。


まさかこんな時間に遊びに行っているとも考えられないし、もしそうだとしたら
何か連絡があってもおかしくない。


色々と変な想像が頭をよぎり、寝るに寝られない。



テル「あかん、家に行ってみよ」



部屋の窓から家を抜け出し、原チャのエンジンをかけずに坂を下って音が聞こえない
所まできてからエンジンをかける。夜中に家を抜け出す時の基本だ。


運転中も幾度と無く電話を掛けるが、やはり電話には出ない。


必要以上の不安が頭をよぎる。。。


幸いな事に家から原チャで5分もかからない所なので、色々と妄想している間に
真美ちゃんの家に着いた。


部屋の電気は…。



暗い。



テル「やっぱり寝てるんやな」



ここまでくると、そう思い込むしかない。
肝心の電話には出ないし、勝手に家に入る事もできない。
ここはひとまず家に帰るとしよう。


と思ったその時!


向こうから眠そうな顔をした真美ちゃんが歩いてきたのだ。



テル「あれ〜!?こんな時間まで何しとったん???」


真美「いやいや、逆になんでこんな所におるん!?」


テル「何回電話しても出えへんから心配になって来たんや」


真美「あ〜。カヨの家で寝とった」


テル「寝とったって…。めっちゃ心配したやんけ」


真美「そうなん?」


テル「そうなんって…そら心配もするって」


真美「もう眠いから帰って寝る」


テル「お、おう。じゃあ俺も帰るわ」


何か煮えきれない気持ちだったが、取りあえず無事だった事が確認できただけ
でも良しとするか。



それにしてもいつもの真美ちゃんとは少し違った雰囲気に感じた。


この時の嫌な予感はもうすぐ的中する事になる。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM