第2章 『没頭』 第42話

大樹「おお、やっと帰ってきたわ」

ヤス「あっ!あのボケ何やっとったんじゃ」


視界にヤスの大樹が入り、向こうもこちらに気が付いた事が分かった。
特にヤスに関しては道路にまで出てきてこっちを見ている…。



あれは完全にキレてるな…。


そうこうしているうちに、ようやく到着した。という間もなく

ヤス「こらアホ!何しとったんじゃボケ!!!」

テル「いや、俺もこんなに時間取られるとは思わんかったんやって」

大樹「何かあったんけ?」

テル「この先の交差点の所でポリに止められてさぁ、色々調べられたんやわ」

ヤス「うわ、だっさいなぁ (≧m≦)」

テル「笑い事ちゃうわ。本間にしょうもない事で足止めしやがって」

ヤス「で、肝心の6速で坂は登れたんか?」

テル「無理やった(笑)しかもエンストしてエンジン掛からへんし」

大樹「かぶったんやな。変なエンストの仕方したらプラグがかぶるからな」

テル「それで惰性で坂下ってたらポリに止められたんやわ」

ヤス「どっちにしてもダサい事は間違いないな」

テル「いやいや、結構焦ったんやで」

ヤス「で、これでクラッチは完璧なんやろ?」

テル「完璧なわけ無いやんけ。やっと普通に走れるくらいになったくらいやわ」


そうだ、色々とトラブルがあって忘れていたが、本来は週末にあるマサヤ君の追悼暴走で運転するかどうかが掛かっていたのだ。
とは言っても、こんな状態で単車を運転したら間違いなく捕まるだろう。



テル「発進できてもポリから逃げるなんか絶対に無理やで」

ヤス「って事は、一緒に乗ってる俺も捕まるなぁ…」

テル「やろ!?だから今回はパスや」

ヤス「超下手くそが追悼に参加するっていうのも面白いと思ったけど、流石にあかんか」

テル「当たり前じゃ!」

ヤス「まぁええわ、たまには大樹にこれ借りて練習やな」

大樹「家も近いねんからいつでも貸すで。たまに親父も乗ってるくらいやし」


どんな親父だよ…。

コメント
更新楽しみに待ってます!!
  • しょう
  • 2009/05/01 9:48 AM
おもろすぎ〜!更新まってます(^^)
  • モンキー乗り・・・だった
  • 2009/06/11 8:11 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM