第2章 『没頭』 第39話

蹴っても蹴ってもエンジンが始動しない。


テル「ちゃんとキーはオンになってるし、何があかんのやろ?」


慣れないバイクでしかも普段乗っている原チャよりもシート高が高い。
エンストした場所はもちろん坂の途中なので、足を付いて停止しているだけでかなり辛くなってきた。



テル「頼むからエンジンかかってくれよ〜」


ムキになりながらキックを蹴り続けるが、一向にエンジンが始動しない。
ついには汗が流れ、地面に下ろしている左足が吊りそうになってきた。



テル「取りあえずエンジン掛けずに、このまま坂を下って戻るか…」


体力的に限界を感じ、残る力を振り絞って坂の途中でバイクを押してUターン。
すでに足はフラフラである。

ようやくバイクにまたがり、坂を下っていく。



テル「あ〜、めっちゃ楽やぁ…」


単純に自転車のように坂を下っているだけなのだが、さっきまでの格闘と比べると極楽に浸っているような感覚だ。

ひと時の極楽も終わりに近づき、坂を下ってきた勢いで信号を曲がろうとしたその時だった。



「そこのバイク、ちょっと止まって!」


テル「!?」


何という偶然か、ちょうど坂を下りきった交差点にパッツンが止まっている。
別に悪い事をしているわけでは無いし、持ち主もそこそこ近くにいる。



警官「このバイクは君のか?」

テル「いや、連れのやつです」

警官「ふ〜ん。取りあえず免許証見せてくれるか?」


こいつ、完全に疑ってやがる…。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

楽天オススメ商品♪

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 第2章 『没頭』 第42話
    モンキー乗り・・・だった
  • 第2章 『没頭』 第42話
    しょう
  • 第2章 『没頭』 第36話
    KY
  • 第2章 『没頭』 第32話
  • 第2章 『没頭』 第9話

recent trackback

recommend

エンジン性能の未来的考察
エンジン性能の未来的考察 (JUGEMレビュー »)
瀬名 智和
アイティメディアでの連載記事で参考資料として使用していた本です。
エンジンの気筒数や配列による違い、出力向上法、レスポンス向上法などなど、エンジンに興味がある人には興味がある事ばかり書かれていて超お勧めです。
内容も比較的理解しやすいように噛み砕いてありますので、3級以上の知識があれば大丈夫です。

recommend

 (JUGEMレビュー »)

車のシャシに関する著書では間違いなく一番です。
実際のアライメントセッティングに応用できる基礎知識が手に入りますので、教科書では全く理解できていなかった部分も驚くほど吸収できます。

recommend

自動車用語中辞典 普及版
自動車用語中辞典 普及版 (JUGEMレビュー »)
自動車用語中辞典編纂委員会, 斎藤 孟
プロも多数愛用している、自動車用語辞典の代名詞的存在。私も18歳の頃からずっと使い続けています。HPやメルマガの参考書籍です。

recommend

大車林―自動車情報事典
大車林―自動車情報事典 (JUGEMレビュー »)

プロをうならせる自動車関係の書籍としては最強です。イラストも非常に多く、これ以上を望む人はすでにカリスマ的存在のメカニックでしょう。

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM